MANAに感謝!

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本城をあきらめて

<<   作成日時 : 2013/05/11 00:34   >>

トラックバック 0 / コメント 28

5月3日(金)〜6日(月)の期間、
城彩苑をはじめ、熊本城下一円で行われる
情緒あふれる催しの数々をお楽しみ下さい。
皆様のお越しをお待ちいたします。
という広告?で期待していたんですが、

城彩苑で、疲れてしまい熊本城へは行かないことに。

駐車場へ歩いていたら、

坪井川という城のいちばん外側を流れている川を

舟が行くのが見えました。

画像

往復している様子なので、休憩しつつ立ち止まり

次の舟を待って、写真に撮りました。
画像

しかし、私は気が付いてしまいました。
画像

福岡県の水郷柳川の名物「どんこ舟」での川下りとの違いを。

竹ざおで舟を漕ぐ柳川と違い、

モーターが付いていることを・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
わかりますよ〜〜人ごみの多いとこにいるとそれだけで疲れますもんね!!船のある風景はのどかで良いですね〜♪モーターでも私は良いですけど・・・(笑)竹竿の方が風情は完璧ですが♪しかしええ天気ですなあ〜♪山口も夏、始まりました(涙)
こりす
2013/05/11 05:11
おはようございます
川べりをを、静かに走る船と言いたいとこですが
モーター付きですか、矢張り竹竿の方がイイなぁ
関東では潮来で花嫁さんが乗ってるのを見ました
情緒があって最高でしたよ
シロチャンのパパ
2013/05/11 05:36
ホントだ!
モーターが付いている(^0^;)

せっかくの船遊びもエンジンの音で台無しかな?
くるたんパパ
URL
2013/05/11 06:45
本当だ〜!
ぶーーんんってモーターが付いてる!
そういえば柳川の船頭さんに若い女の子が入ったようですね。
うさぎぴょん♪
2013/05/11 07:00
こんにちは。
船外機がつかえるほどの深さがあるんですね。さすがお城の掘り割り兼用だと思いました。街中の川でもこれだけの水量が流れているのですから熊本って水たっぷりと言うことなんでしょうね。
改めて地図を見てまたびっくり、白川に合流しているかと思ったら海まで直接流れ込んでました。
うーん面白いです。★ゑ
秋葉@ゑこう
URL
2013/05/11 07:38
のどかやなぁと思って眺めてたら、何とモーターがついてるんだ。だから、あのピラピラがなびいているのね。(^〜^*)
タイの水上マーケットを走る舟にもモーターがついてて、狭い水路を結構なスピードで走るの、それを思い出しちゃった。
casa blanca
2013/05/11 07:46
そうなのですか〜
気が付いてしまったのですね。
でも川はこれからの季節いい被写体ですね。
テンプレが変わってびっくりです。
hirugao
2013/05/11 10:30
まあモーターには
色々と理由があるんでしょうねえ。
ちょっと残念な感じですから。

人ごみ・・・
東京を考えたら
可愛いものかも
ヽ(^o^)丿

 ちなみにブログ村のランキング
 地味に上昇されていますねえ!!
 抜かれそうですから・・・
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2013/05/11 18:12
やっぱりこんなお堀端では
風流を感じたいので竹ざおで
漕いで欲しいですよね
愛ちゃんママ
URL
2013/05/11 19:01
こんばんは、こりすさん。
そう、人ごみの中って疲れます。
なんででしょうね。
この川を舟で上り下りとしているところを初めて見ました。
夏など涼しいんでしょうねぇ。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/11 20:33
こんばんは、シロチャンのパパさん。
モーターの音は、こっちまでは聞こえてこなかったんですけど、舟のお客さんには聞こえていたでしょうね。
柳川でも花嫁さんが乗っているみたいです。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/11 20:34
こんばんは、くるたんパパさん。
お堀のそばの川下り、情緒があっていいだろうに、エンジン付きでした。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/11 20:47
こんばんは、うさぎぴょん♪さん。
モーターのところに座っているのが、船頭さんということですよね。
柳川のどんこ舟に、一度乗らなきゃ〜
若い女の子、頑張って欲しいですねぇ。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/11 20:52
こんばんは、秋葉@ゑこうさん。
深いからモーターが?
そう考えたら、ここから河口までは、近いです。
白川と駅前で平行してまた分かれていきますから。
熊本は、湧水がいたるところにあるから、水たっぷりですし、おいしいです。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/11 20:59
こんばんは、casa blanca さん。
のどかに川からお城や、長塀を見たいものです。
モーターで走ると、あっという間に通り過ぎて行きそうな。
タイの舟も凄いらしいね。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/11 21:07
こんばんは、hirugaoさん。
なんだか、早いなぁと思っていたんですけど、歩きながらだったから、家に帰ってから気が付きました。
テンプレは、以前は記事に合わせて替えて遊んでいたんですけどね。
最近、毎日同じでしたもんね。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/11 21:10
こんばんは、└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん。
柳川のどんこ舟の静かな感じと思っていたら、モーターに、旗までついていてもっと残念ですから。
GWの東京も、今年はスカイツリーなどでにぎわったでしょうね。
ブログ村のランキング、今見てきたら地味に150ポイントですねぇ。
つぶやき 注目記事にもランクインしてるし。
コメントありがとうございます。


ブルー・ブルー
2013/05/11 21:15
こんばんは、愛ちゃんママさん。
もしかしたら、川底まで竹が届かないのかなぁ。
そんなに深いのは、この外堀になっている辺りだけかも。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/11 21:17
熊本城、残念でしたね〜〜。また今度^^舟下り、モーターでしたか。なかなか竹竿で漕ぐのも大変でしょうね。写真拡大したら船頭さん、結構お歳がいっているようだし、体力的にもきついのかもしれないですね〜〜。
かるきち
2013/05/11 21:28
柳川の川下りは何回か乗ったのですが、これはモーターが付いているんですね。
でも、お城の外堀を船に乗ってゆっくりするのも良いかもしれませんね。
モーツアルト
URL
2013/05/11 22:05
こんばんわ
確かに、後ろの方でスクリューで出来る波が…。
せっかくの川下りですから、人力で進んで欲しいかなってちょっと思いますね
ブルースカイ
2013/05/11 23:16
まぁ、船もFRPみたいだし。

みんな、救命胴衣も付けているし良いこととしておきましょう。

手漕ぎより動力が有った方が楽だし。
ハゴトコ
2013/05/12 00:17
こんばんは、かるきちさん。
私と母と娘は、行ったことがあるからいいんですけど、息子は初めての熊本城のはずでした。
でも、男の子は、お城に興味がないみたです。
折角の川下りだけど、乗っている人は笑顔だし楽しいのかなと思います。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/12 21:38
こんばんは、モーツアルトさん。
柳川の川下りは、ローカルな番組で見ることはあっても、乗ったことが無いです。
一度は、乗りたいですね。
川から見る長塀は迫力があるかもしれないです。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/12 21:40
こんばんは、ブルースカイさん。
はい、モーターで川下りしているようです。
もしかしたら、往復しているから登りはきついんでしょうかねぇ。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/12 21:41
こんばんは、ハゴトコさん。
FRPとはなんぞや(笑)
そうそう、救命胴衣も似合わない川下り。
旗も付いていない方がいいかも。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/12 21:43
アハハ・・・確かにモーターらしきものが見える。
しかし↓の景色といい、熊本ってなんだか、のんびり出来そうな町だね。
阿蘇のイメージしか無かったけど、街の方も旅したくなったよ。いつか案内してね。
emiri
2013/05/13 00:23
こんばんは、emiriさん。
そうそう、モーターで動いていたよ。
みどりが多くて、水がおいしくて気持ちいい街だよ。絶対に案内するからねぇ。
将来は、また熊本に住みたいよぉ。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2013/05/13 20:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
QLOOKアクセス解析

今読んでいる本

岡崎琢磨著、「珈琲店タレーランの事件簿」 ここに書くまもなく、一日で読破しました。 そして、今は碧野 圭著、「書店ガール2 最強のふたり」を読んでいます。本と本屋の力を信じる二人の物語です。最初に読んだ「書店ガール」が面白かったので、2も。 そうそう、初原田本と書いていたんですが、「カフーを待ちわびて」を読んでいました。

アクセス解析できるよ

熊本城をあきらめて MANAに感謝!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる