MANAに感謝!

アクセスカウンタ

zoom RSS 恒例天井絵

<<   作成日時 : 2012/08/11 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 44

[寺院] ブログ村キーワード


毎年、盆暮れとお参りに行くお寺のお御堂の天井絵。

これで、何回目の写真でしょう。(笑)

一度でいいから、お互いを見ている竜の写真を

つなげてみたいんですけど。

毎回、片方ずつになっています。

今回もフラッシュありと
画像

画像

フラッシュ無し。
画像

画像



欄間の色もきれいでしょう。
画像

これは、屋根の下にあるんですけど、何でしょう。

顔は、狛犬様のようなんですが。
画像

両側にあります。
画像

今回は、盆より随分前にお参りに行きました。



応援ポチっと、よろしくお願いします。(^人^)感謝♪ 
    ↓       
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村

もひとつ、ポチっとお願いします。(^人^)感謝♪
    ↓










ライブドア大容量サーバ、破格の大セール☆
【¥1330!?】高性能浄水器お試し特価1家庭1台限定今だけ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(44件)

内 容 ニックネーム/日時
そういう疑問は雨漏りの師匠が
きっちり解説してくれると思うんですが
こちら仏閣デシタネ。
師匠の専門は神様の方でした。

ちょっと、期待ですから。

それにしても
天井画っていうのは
天井が出来てから描くものなんでしょうか?

首が疲れそうだdeポチ
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2012/08/11 01:25
あ〜こちらも早く行きましたよ、8/1(笑)狛サマみたいの、やっぱ狛さまなんじゃないかしらん。でも象や龍みたいのも見たことあるような。やはり雨漏り師匠のコメントを待つ!
こりす
2012/08/11 04:47
ヨーロッパの歴史的な建造物には必ず壁、天井に絵が描かれていますよね。
日本ではあまり注意してみたことがないですね。
日本の建造物の方が芸術的なのにね。
くるたんパパ
URL
2012/08/11 05:48
お盆のお参りは早く行かれて正解ですね。
見事な天井絵ですね。
hirugaoは田舎のお墓参りとお寺の行事を14日に一人で行ってきます。
hirugao
2012/08/11 08:31
毎年お馴染みになった
お写真ですね〜

見るたびに
吸い込まれそうな
力強さと迫力を
感じてしまいます(^-^)/

他の所も細かく綺麗な彩りで
仕上げられているんですね〜
柱の狛犬?
も素敵です〜

まさに神聖な作りで
ここに毎年お参りに来るだけで
力が貰えそうな
感じですね〜(^◇^)/

お参りする方を
いつも温かく
迎えてくれそうで
立派なお寺ですね〜
(^-^)/

必殺の応援!
ポチポチ、ポチポチ
ポンポコ

ポコポコリンコ〜☆
\(^◇^)/!!

バイナラー
2012/08/11 08:58
天井恵見事ですね!!!!
どうやって書いたんだろう???
うさぎぴょん♪
URL
2012/08/11 09:02
右向きは、くっきり浮き上がってる
けど、左向きのは胴体が背景と同じ
トーンで目立たないね。

今朝サッカー観たあと、お墓の掃除
に行って来ました。(*^ ^* )V
casa blanca
2012/08/11 09:42
天上画も欄間も素晴らしいですね。
ぼたん
URL
2012/08/11 11:09
天井に雲の上の龍の絵画ですか、メリハリがあって、カッコいい作品ですね。
そういえば、今年の干支だったんですねー。
投票。
sisi
2012/08/11 11:13
こんにちは。。
石組みの建築は上向きになって描くらしいけれど、和風の天井絵は、先に描いて天井へ組み立てる、って昔聞きましたよ。板だしばらせますからねぇ。
梁の端っこの狛犬風のところは、獅子鼻とか木鼻とか呼ばれてますよ。割と新しい寺社建築に多いと思います。欄間や木鼻も彫り物、天井絵にしてもとても費用を掛けたお寺ですね。どちらでしょう。。。☆ゑ
ゑこう
URL
2012/08/11 12:41
こんにちは♪
見事ですね。
実は僕も仕事柄こういう由緒ある建物を見るのが好きです。
一度見て見たいです^^v
“夢空間”マツダ
URL
2012/08/11 14:54
天井絵って、天井が出来てから描くんでしょうかね。そうだとしたら首が痛くなりそうです。
それにしても見事な絵です。
アズキパパ
URL
2012/08/11 16:20
伝統を目で見て
心で感じ取る。
そんな時間を過ごせるのが
ステキな場所ですね。
らいむ
2012/08/11 16:38
立派な龍の絵ですね〜♪
明日私もお墓参りにお寺にいってきます〜
イヴォンヌ
URL
2012/08/11 17:04
本当に見事な天井絵ですね。柱の狛犬様?前にお寺の住職さんに聞いた記憶がありますが・・・忘れちゃいました。
私もお墓参りは先月実家に帰ったときに行ってきました。
応援です。
かるきち
2012/08/11 19:23
見事な龍ですね!
体に彫ってあったら恐いけど・・・。
愛ちゃんママ
URL
2012/08/11 19:55
こんばんわ
この天井絵、実際に見てないので解らないのですが、多分フラッシュなしの方が見た目に近い感じなのでしょうか。
特に4枚目のは迫力があります。

応援です♪
ブルースカイ
2012/08/11 21:54
急に 信州の小布施に行きたくなってきたぁ♪


獅子鼻とか龍鼻とか言われるものですね


ポポ
雨漏り書斎主人
URL
2012/08/11 22:07
こんばんは、└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん。
ここの屋根の下にあるのは、ずっと知っていたんですけど、写真に撮ってみようと思ったのは、やはり雨漏りの師匠がいるからですねぇ。
どうやって描かれたのか、今の住職さんも知らないみたいです。
とりあえず12代続いたお寺ですから、長い歴史はありそうです。
ポチ&コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:32
こんばんは、こりすさん。
私が車に乗せて行くので、この日しかなくて。
でも、8日だったから、意外とほかの人もきていましたね。
はい、さっきコメントがきましたよ。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:34
こんばんは、くるたんパパさん。
ヨーロッパの天井絵には、天使のイメージがあるんですけど、違いましたっけ。
ここの天井絵は、気が付いていない人もいるそうです。
お御堂に座って、手を合わせてから、その場で上をみるとこの竜がいるんです。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:37
こんばんは、hirugaoさん。
早く行くと、車を置くのも楽ですよ。(笑)
ここの絵は、ずっと見ていたくなりますよ。
お寺に行くのが楽しみって言ったらいけないんでしょうけど、楽しみです。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:39
こんばんは、バイナラー さん。
ほんとうに、毎度おなじみの竜ですね。
年に2回、ここの竜を見ることができます。
12代目の住職さんとは、今回ちょっとしか会えなかったです。
応援&コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:41
こんばんは、うさぎぴょん♪さん。
もう、毎年写真に撮らずにいられない。(笑)
どうやって描いたのかとか、いつ描かれたとか、調べたらいいのにと思います。
凸&コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:43
こんばんは、casa blancaさん。
そう、どんなふうに撮っても、左側のははっきり写らないです。
雌雄の竜かなぁとも思うんだけど、お寺の方も知らないって。
サッカー見たあと墓掃除、パワフルだなぁ。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:45
こんばんは、ぼたんさん。
どれくらいの歴史があるのでしょうね。
謎の天井画です。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:46
こんばんは、sisi さん。
龍の上に雲があって、今見ると下のは海かななんて。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:48
こんばんは、ゑこうさん。
屋根は、1991年の台風で被害を受けて、たしか作り直したと聞きました。
中は昔のままで、どういう風に描かれたのかはわからないそうです。熊本のお寺です。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:52
こんばんは、“夢空間”マツダさん。
私も由緒ある建物だと思うんですけど、調べさせてくれという依頼を断ったそうです。
面倒だし、もし価値があったらまたさらに忙しくなりそうって。(笑)
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:54
こんばんは、アズキパパさん。
どうやって描かれているのか、わからないそうです。
家系図はあるのに、これがいつ描かれているのか知らないと。
どこかに覚書がありそうな気がします。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:57
こんばんは、らいむさん。
ここのお御堂で座禅とかくんだら、心が深としそうですよ。
山の中ですしね。
でも、いつもしばらくお話してから帰るだけです。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 22:58
こんばんは、イヴォンヌさん。
毎年2回、見上げるたびにすごいなぁと思います。
おもえば、上を見上げる事が私は多いようです。
実家のお墓参りは、今年は行けそうにないから、今うちに有る、神社の石にお参りします。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 23:01
こんばんは、かるきちさん。
いつ見ても迫力の龍だなぁと、思いながらみています。
実家のほうが、まだです。
今年の盆は、実家に行かないから、9月になってからの墓参りになりそうです。
応援&コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 23:04
こんばんは、愛ちゃんママさん。
この竜を近くで見たいんですけど、高いところに描いてあるから、写真に撮って拡大するしかないです。
でも、迫力があります。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 23:05
こんばんは、ブルースカイさん。
はい、フラッシュ無しのほうに近いです。
ほんとうは、調べたいという人に任せて、色がこれ以上薄くならないようにした方がいいと思うんですけどねぇ。
これ、もしかしたら、畳に寝転がったら2頭の龍が向き合っているのがカメラに入るかもしれないんですけど、無理ですよね。(笑)
応援&コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 23:08
こんばんは、雨漏り書斎主人さん。
信州の小布施で検索してしまいました。
天井絵「大鳳凰図」これは大きさもすごいですね。
迫力でしょうね。色もきれいだし。
富士山は、見つけられましたか。
この狛犬みたいなのは、顔が長いなぁと思いつつ写真に撮りました。
いままで、気にも留めていなかったです。
獅子鼻ということは、獅子なんですね。もしかしたら片方が獅子で片方が龍かも。
45度開いて、両方に2頭ずついます。
ポポ&コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/11 23:14
こんばんは。
天井画すばらしいですね。
龍の躍動感が伝わってきます。
<応援!>
yako3ta
URL
2012/08/11 23:31
屋根の垂木を受けている梁と、それを支えている柱の上端の部材に凄く違和感があったんですが、台風被害で屋根を修理されていたんですね。ちょっと手抜きな感じかなぁ(苦笑)☆ゑ
ゑこう
URL
2012/08/11 23:51
こんばんは、はじめまして。

お寺さんのお御堂の天井絵って、
なぜか龍が多いみたいですね。
こちらのは、色が魅力的だと思います。
実物はもっともっと迫力があるのでしょうね。

ロコロコ
2012/08/11 23:56
こんばんは、yako3taさん。
ここの龍はすごいです。
いつも、圧倒されてしまいます。
この色を保つといいんですけど。
応援&コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/12 00:16
こんばんは、ゑこうさん。
平成3年の台風19号は、忘れられないです。
半年以上、近くの家々の屋根がブルーシートでした。瓦が足りなくなったんです。
ここのお寺も、被害に。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/12 00:18
こんばんは、ロコロコ さん。
はじめまして。
龍が多いんですか?
ここしか知らないから、よく分からないですが。
実物は迫力があります。
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/12 00:20
はい。すっかりお馴染みの龍の絵ですね。フラッシュがあるとよく分かるけれど、無い方が歴史の重みのようなものが伝わる気がします。
ほんと両方をつなげて見てみたいよ。
カメラのパノラマ撮影なら無理かなぁ?
emiri
2012/08/15 21:26
こんばんは、emiriさん。
これね、一度ほとんど寝転がった状態で撮ってみたことがある。
それだと、龍の顔だけ両方写ってた。(笑)
あ、デジカメにもパノラマあったんだ。
次の年末に期待して〜
コメントありがとうございます。
ブルー・ブルー
2012/08/16 22:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
QLOOKアクセス解析

今読んでいる本

岡崎琢磨著、「珈琲店タレーランの事件簿」 ここに書くまもなく、一日で読破しました。 そして、今は碧野 圭著、「書店ガール2 最強のふたり」を読んでいます。本と本屋の力を信じる二人の物語です。最初に読んだ「書店ガール」が面白かったので、2も。 そうそう、初原田本と書いていたんですが、「カフーを待ちわびて」を読んでいました。

アクセス解析できるよ

恒例天井絵 MANAに感謝!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる